陸田家のブログ「小山の大将」はこちらをご覧ください。

ロッキーの名峰パイクスピーク山(コロラドスプリングスの日の出)
(2011.1.16)








始めてのボーナスで購入した昭和37年の最新型自動炊飯器

この製品は昭和37年10月22日入社し社員試用でしたが年末に思いがけないボーナスを頂き、当時3畳1間のアパート(1500円)にサンパウロへ移民した先輩の後を引き継いで居住し鍋でご飯を炊いて自炊生活をしながら通勤していました。

そこで思いがけない臨時収入があったので、その殆ど全てをつぎ込んで購入したのがこの自動炊飯器でした。

当時は一番高価(3700円)な炊飯器でしたが炊き具合が
鍋越しに見えるヒット商品で両隣の居住者にも自慢しながらご飯を炊いて共同生活をした貧乏生活の懐かしい思い出の宝物です。

右のジャケットは39年就航した727の就航祈念ソノラマシートと全日空の社歌(三鷹純:コロンビア)のドーナツ版レコードです。(2009.8.15)



2008年最後の工作(ボビィのツール箱製作)をしました。

(2008.12.23)


   皿に飾った柿の実、先般広島の実家で収穫したものですが両サイドの柿は祇園坊です。
 中央は百目柿です。完熟させようと思って毎日眺めていましたらやっと美味しそうに熟してきて、ねっとりした甘い味の柿になりました。(2008.12.2)




武家の古都鎌倉世界遺産登録推進の都市から眺望した春の景観


オリジナル踏み台
 近所の知り合いの叔母さんが家を新築され台所の天袋に手が届かないので踏み台を造って欲しいとの宿題を受けて建築木材の破片を預かってこんな踏み台を製作して納品したところゴミとして捨てようかと思っていた材料を利用し良い物を造って頂いたと感謝されたのでご披露することにしました。(2007.4.6)

僕の郷里の桜やっと咲きました。
 実家の庭先の桜ですがこちらでは散り始めている時期にですが色濃く咲いたようです。枝だの間から帰省したとき何時も渓流釣りをする川が見えていますがこの春も魚達が遊んでくれと待ってくれているようです。(2007.4.8)


元全日空のCAからこんな花を頂きました。八丈島名産の極楽鳥花だそうですが、猫と一緒に日向ぼっこをしながら撮影しました。(2006.10.13)


の風物詩の大ほおずきですがこんなに大きく色ついてきました。(2006.7.28)



ブームの布草履造りに挑戦しました。親指にひもを掛けて編むところをこんなツールを制作したところしっかりした草履が出来上がりました。
ご参考にチャレンジしてみませんか。カボチャは田舎の畑の土手の副産物です。(2006.7.18)



数年前に川でつり上げた鯉ですが、こんなに大きくなりました。
田舎の菖蒲池に沢山飼っています。(2006.7.18)



雨上がりの合間に山に入って懐かしい黄苺(俗名:ほぼろ苺)を採って来ました。田舎のガキ大将時代の懐かしい味でした。
残念ながらこちらの山には土苺、豆苺、大川苺、猿苺等見当たりませんでした。(2006.5.29)

 


夕方出かけようとしたところ玄関先に写真の珍客がいましたので取り込んで記念撮影しました。インターネットで調べた結果ニホンヒキガエルであることが判りました。
どっしりと重くて柄がはっきりしておりました。何かのご縁と思って撮影を終えて庭先へ放してやったらゆったりと筧の辺りへ移動して行きました。
(体長20cm,体重3kg程度)

それにしても、周りはアスファルトの道路で囲まれている家に何処からどうしてやって来たのかと考えると不思議です。
こんな珍客が現れるなんて驚きです。(2006.3.12)


輝かしい新年おめでとうございます。

干支のとりに引き継いでビーズの可愛いわんちゃん2匹が舞い込んで来ましたので犬小屋を造って飾り付けたところ更に3匹飛び込んで来ましたので、最初の犬小屋では収容出来なくなり一階を建て増し収容したところ何とか喜んで入居してくれました。

一階では招き猫ちゃんが大歓迎しています。

皆様の夢五個は必ずかなえると5匹のわんちゃんがワンダフルに祈っております。(2006.1.1)

 




ブログ開設しました
(2005.09.13)


先般の帰省で友達からランチュウ(金魚)を貰って車で持ちかえり丹頂と一緒に育てる事にしました。名前は金さん、銀さんです。(2005.8.12)



広島の実家の土間でお帰りお帰りと写真の珍しい蛙が歓迎してくれました。
この蛙聞いた事はありましたが見たのは初めてでグリーンの綺麗な森青蛙です。
田んぼのあぜにあるお茶の木などに白い泡状の卵を生みつけ卵が羽化すると下の水田に落ちておたまじゃくしになる生態を持っている珍しい蛙で特別天然記念物に指定されている動物です。この欄に24時間以上もじっと留まって歓迎してくれました(2005.8.10)



車庫内の労作にあわせて又車の予備タイヤ(6万円)ケースを自作しました。
ウインドーサーフィンをイメージにデザインしたところかなり目立つしあがりとなりました。でも車庫にぴったり納まって先般の労作に併せて満足しているところです。(2005.4.26)




写真は廃材を利用した車庫内の労作です。

小物の整理の為、廃材を利用して車庫の壁面に工具整理板、収納の吊り戸棚、それに入り口天井に各種塗装材収納と写真にはありませんが、左側面には、吊り竿(約30本)掛けの製作で車庫の中も満開になりました。(2005.4.7)

 


    
手塩に掛けて育てた瓢箪を加工しました。大きい方は布袋様、小さい千成瓢箪は我が家のファミリーの猫です。台は観葉植物用に製作した濡れ縁です。
バックのビニールハウスは蘭の温室です。(2004.12.8)





                          稔りの秋第1報


稔りの秋になりましたが写真で夏にかけて手汐にかけて育ててきた大瓢箪がこんなに大きく育ちました。もう一回りは大きくなりそうですが表面に絵を描いて加工し、健康濁酒でも造って入れて楽しもうかと考えています。(2004.9.5)

 



田舎ではもうすぐあけびの採れる秋を迎えますが、餓鬼大将時代、山道の通学途中あけびに時期を迎えると通学途中山に入って学校にも行かずにターザンごっこをして、あけびを沢山採って食べた懐かしい思い出があり、庭先に5年前に紫あけびを1本植え、キュウイと一緒に棚へはわせたところやっと2個が稔り感激しています。
まだ口をあけるのは早いですが、これからリスとの戦いです。
袋でも被せて収穫にこぎつけたいと思います。(2004.8.17)



 
旅行の写真をご覧になるときは次の写真をクリックしてください。





町内会では、防犯対策に夜間巡回するのですが、日頃ガリガリ工作をしている事が近所に知れ渡っているので、巡回に使用する拍子木の製作を依頼され、引き受けたからには材料の調達から始め10組みの内5組みをやっと製作したところです。本来は樫の木で作りますが、一寸高級な欅でしかも肩にかけ
る紐を取りつけるよう工夫を凝らして見ました。

自分用にも1組み製作しましたが、欅
なのでペーパーで磨きあげたら、鎌倉の町でも巡回したいくらい立派になりました。 (2004.3.19)


 


昨年末製作に取りかかった陸田オリジナルのソリがやっと完成しました。
名称はスノーシャークですが、一般のスキー板の上に取りつける工夫を施して
おります。特徴は前方にある2本の棒はハンドルとブレーキの機能です。
また座る位置の後ろはお尻安定するように窪みを持たせました。
取り外してリフトに持って乗れる為と雪上を引いて運搬出来るようにロープも
工夫しました。まだ工作場でしか座っていませんので実際にゲレンデで試さないと
実用化出来ないのが難点です。今月若者と試乗して評価して頂き更に完全を加えて
実用化する予定です。写真による試乗評価をお願いします。(2004.1.1)

   

              

          


11月17〜25日の日程で、スペイン旅行に行ってきました!!

写真をご覧になるときは上の赤いボタンを押してください。


秋らしい写真を2枚ご覧ください。(2003.11.8)

のどかな秋祭り(鎌倉市深沢)

柿が美味しそうに実っていました。


この春、田舎でクヌギの木に菌を打ち込んで持ちかえり、庭木へ立て掛けていたのですが
  乾燥気味なので庭の角にほったらかしにしておいたところ、こんな椎茸が生えていました。

自分で、ぼた木を切って打ち込んだ椎茸菌が芽生えてくれた事に感激しました。
今4個ですがこれから何個生えるか楽しみです。

お酒のおつまみに、焼いて醤油を掛けてじっくりと味わって見たいと考えています。
(2003.11.7)



裏山の立ち木に掛けるハンドメイドの小鳥の巣箱です。簡単なようですがなかなかうまく
出来ないのもですね。屋根に銅板を張りつけたのですが銅板の在庫がなかったので
一寸寸足らずで仕上げました。

デザイン: 左の1号はシンプルイズベストで、
2号は小鳥の止まり木の積りです。

3号は田舎風にして見ました。

こんなものを道路に面した山の木の枝に掛けてどんな小鳥が巣造りをしてくれるか
近所の方と観察しようと考えています。(2003.9.23)

 

玄関先の門灯を塗装屋が壊したので暇に任せてハンドメイドで作製しました。

出来映えはいまいちですがなんとか役に立っています。